2012年10月16日

友達

121015.jpg

この仕事をするようになってから思うことがある。

友達ってなんだろう。

よくアーマンの士官が言っている。
『戦友に名誉を』
って。

戦友って誰だろう。
ヴァルキオン連合の人たちが戦友だとすれば、やっぱり戦友と友達は違う。

今のアルボレアでは、人はいつ死ぬか分からない。
戦友にあたる人の遺体を見ることはたくさんある。弔意を表することはしても、いちいち悲しんだりしてはいられない。

私が死んだとき、悲しむ人はいるんだろうか。私の死体が砂漠の果てに転がっていて、誰にも気づいてさえもらえない。

そんな想像がときどき湧き上がり、頭がおかしくなりそうだ。

戦友でも友達でも、呼び方なんかどっちでもいい。私を見ていてくれる人が欲しい。
勝手な話だとは思っても、それを求めずにはいられない。

「ブルルルッ」

軍馬の声にハッとして、ローブの袖で涙を拭いて手綱を握り直した。
posted by 管理人 at 01:19| Comment(0) | ミミツノ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: